オプション投資戦略実践記

オプション投資で生活が出来るか実践しています。

ポジションサイジング

金管

皆さんは資金管理をどのようにされていますか?

トレード手法で大切なのが資金管理と言われています。

 

金管理とはポジションサイジングです。

一回の取引量はどの位が適切なのか?=ポジションサイジング

 

日経225先物ミニを例に投資に説明させて頂きます。

225先物ミニは取引単位が100倍です。

 

現在の価格が23,700円だとすると2,370,000円の取引になります。

証券会社の証拠金が78,000円程度でミニ1枚を取引できます。

実にレバレッジが約30倍です。

 

ではどの位の枚数が適切なのか?

当然その人に資金量によって違います。

 

また短期トレード(デイトレ)なのか中長期トレードなのかによっても一回当たりの取引量が違うでしょう。

 

ここでは、使える余裕資金が100万有るとします。

トレード手法は短期のデイトレで考えて見たいと思います。

 

1回当たりの投資資金が幾らだと適切なのか?

デイトレなので少しリスクを取って5%だとします。

すると5万円が1回当たりのリスクの取れる取引量です。

 

リスクの取れる投資資金を5万円とすると実際に取引出来る枚数は何枚か?

 

日経225先物ミニの1日当たりの値幅を計算します。

ここではATR(平均的1日の値動き)を使います。

 

ATR=当日高値-前日終値

    前日終値-当日安値

    当日高値-当日安値

 

以上3つの中で最大の値幅が1日の最大値動き(TR)です。

取ったポジションと反対の動きをしたときが1日の最大リスクになります。

 

ATRの計算式

一日の最大値動き(TR)の平均がATRです。
通常は14日間の平均を見ます。(私は約一カ月の範囲として20日間で見ます)

 

計算式は ATR=(前日のATR×19+当日のTR×2)÷21

※最初にATRを計算する時は20日の単純平均を使って、21日目から上記計算式で算出します。

 

実際に計算しなくてもATRは各証券会社のチャートから見ることが出来ます。

 

いま日経225先物ミニのATRが180とします。

すると1回の最大取引量は5%として5万円でした。

 

この5万円をATR(180)で割ります。(1回の取引量÷ATR)=約278です。

 

日経225先物ミニは1枚が100倍なので2.8枚です。

 

したがって2~3枚が1回当たりの取引量になります。

 

中長期に保有する人はリスクが大きくなりますので、もっと枚数が少なくなります。

 

どうですか?

皆さん投資資金に対して実際の枚数が多すぎませんか?